スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

roots magazine 

special thanks to roots magazine(http://roots-magazine.com)
ROOTS-40.jpg



先日発売されたroots magazine vol.40にHEROのインタヴューが掲載されましたのでこちらにも載せておきます。



元MANIAC HIGH SENCEのSAWADA(Vo)、元DEVICE CHANGEのMOTOKI(G)、YASUDA(B)、元EXCLUDEのMASANAO(G)、STILL YOU ALIVEのYUJI(Dr)が集って結成されたHERO。噂には聞いてたが、その姿を見たのは昨年末に愛知県の安城で行われたライブ"The World"。急遽飛び入り参加したHEROは、その名の通り、ハードコア界のHEROだ…と純粋に思ってしまった。衝撃!!そんなHEROのギター MOTOKIに話を聞いた。


_まずHEROを結成しようと思った理由って?
単純にまたバンドがやりたくなったから。

_メンバーがそれぞれ結果を残してきたバンドの方が集まってますが、どのように集まっていったのでしょうか?
新しくバンドをやるにあたって各パート最高のメンバーがそれぞれ納得して集まった感じかな。1年間は楽器隊だけでスタジオに入って曲作りをしてて、 SAWADAに声かけたのが秋くらいで、そこからHEROとして本格的に始動した。

_そして初披露となった昨年の安城でのライブ。感想は?
まだ未完成の状態だったけど、ぶちかませた感はありましたね。

_では、初の音源となる「THE HERO OF MINE」ですが、どんな感じになりそうですか?
シンプルなハードコアに仕上がったかな。スラッシーな部分もあるし、ミドルテンポの曲でもハードコアの勢いを重視した。チューニングをレギュラーにした のも10年以上ぶりで、個人的には10代の時に影響を受けた部分を今のバンドで表現してます。

_4月からは岡崎を皮切りにSTRIKE OUTとのツアーも決定されてますが、意気込みをお願いします。
4月から始まるSTRIKE OUTとの共同ツアーはレコ発というのもあるし、かなり気合いが入ってますね。各会場ハードコアなSHOWになると思いますよ。

_では、最後にHEROの音源を楽しみにしてるキッズ達にメッセージをお願いします。
昔から変わってない事だと思うんだけど、ハードコアバンドはライブでしか伝わらないモノがあると思うからCD聴いたらライブに足を運んでほしいですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。